補助金を活用する3つのメリット
古物商許可

古物商許可申請を行政書士に依頼するメリットとデメリット

古物商許可の申請は、全てをご自身で行うことが可能です。

しかし、行政書士に依頼する方も多いのです。
何故なのでしょうか。
依頼料を支払ってまで行政書士に依頼するメリットやデメリットはどこにあるのでしょう。

行政書士に依頼するメリットは以下の3点です。

  1. 最短期間で許可取得できる
  2. 必要書類の収集を全て任せられる
  3. 警察署での申請手続きを代理してもらえる

行政書士に依頼するデメリットは以下の1点です。

  • 行政書士への報酬が発生する

今回は古物商許可申請を行政書士に依頼するメリット・デメリットについて、行政書士の青柳が分かりやすくお伝えいたします。

古物商許可を行政書士へ依頼するメリットは何?

古物商許可と行政書士のイメージ
自分で行うことが可能な古物商許可の申請。
それでも行政書士に依頼するメリットがあります。
以下3点を順番に見ていきましょう。

最短期間で許可取得できる

古物商許可には、申請書類と添付書類が必要です。
この添付書類が実はとても多く、特に法務局で取得する「登記されていないことの証明書」は見たことがない方もいらっしゃることと思います。よく知らない必要書類を集める作業は手間と時間がかり、ストレスになる場合もあります。何より少し、不安ですよね。
また、集めた書類に不備があった場合、申請が受け付けられないという事態におちいってしまいます。

※2019年12月追記
2019年12月14日の法改正により、「登記されていないことの証明書」は古物商許可申請の必要書類ではなくなりました。

許可取得までに必要な日数

不備のない書類を提出し、受理されてから審査に40日程度必要です。
書類に不備があると申請が受け付けられず、許可取得までの日数は申請が遅れた分だけ余分にかかってしまいます。
  

あおやぎ
あおやぎ
至急で許可を取得したい場合は、スムーズに申請ができ、ひいては最短期間での許可取得が実現する、行政書士への依頼がおすすめです。

必要書類の収集を全て任せられる

古物商許可申請の必要書類は、大半が市役所で取得するものです。
市役所の受付時間は平日の日中ですので、お仕事でお忙しい方は市役所が開いている時間に手続きをすること自体がとても大変ですし、不可能な場合もあるでしょう。

古物商許可を取得したい方の大半は、これから古物営業を開始しようとしている方です。
事業の準備で時間を作ることが難しい方も多くいらっしゃいます。

あおやぎ
あおやぎ
行政書士にご依頼いただければ、あなたの代わりにあなたに関わる書類(住民票など)を全て集めることができます。
よく知らない書類や、手間のかかる書類を全て任せることができ、手間と時間を最大限に節約することができます。

警察署での申請手続きを代理してくれる

申請手続きは全て警察署で行われます。
市役所と同じく、警察署の受付時間も平日の日中ですので、事業の準備等でお忙しい方がお仕事を休んで手続きする必要があります。
また先にも触れたとおり古物商許可申請の経験がない方の場合、ご自身で申請をすると書類不備等で何度も警察署へ行かなければならない可能性があります。

行政書士に依頼してしまえば、あなたが警察署へ行くのは基本的には1回で済みます。
それは、古物商許可がおりた際に許可証を受け取るときです。
この許可証の受け取りだけは、行政書士が代行することはできませんので
法人の場合は代表者や管理者、個人の場合は申請者ご自身が一度警察署へ出向かなければなりません。

あおやぎ
あおやぎ
行政書士への依頼を迷っていらっしゃる場合は、「依頼に必要な費用」と、「本業に専念して得られる収益」を天秤にかけ、メリットが大きければ依頼するように検討してみてください。

古物商許可を行政書士へ依頼するデメリットは何?

古物商許可を行政書士に依頼するメリットはおわかりいただけたかと思います。
では、デメリットはあるのでしょうか。

行政書士への報酬が発生する

古物商許可を行政書士へ依頼した場合、依頼料は4万円〜6万円の事務所が圧倒的に多い模様です。
決してお安くはありませんよね。
ただ、特に法人の場合等で一度に何人分もまとめて申請される際は、申請にかかる時間や手間を考え、行政書士に依頼される方が多くいらっしゃいます。
また個人でも、新規事業を手掛けている、本業が忙しすぎる等の個々の状況により、行政書士へ依頼される方は沢山いらっしゃいます。
あなたのお仕事等の状況と、申請にかかる手間、時間とを比較して検討してみてください。

あおやぎ
あおやぎ
弊所の報酬額は43,200円〜です。
(※申請手数料は全国一律別途19,000円かかります。)
塩尻市・松本市をはじめとした長野県全域に対応いたします。また全国にも対応いたしますので、まずはお気軽にご相談ください。
※申請手数料とは、警察署へ申請する際に請求される手数料のことです。

まとめ

今回は、古物商許可の申請を行政書士へ依頼するメリット・デメリットをお伝えいたしました。

古物商許可の申請は、全てをご自身で行うことが可能です。
しかし申請には、多くの時間が費やされます。

申請される方にとって一番重要なのは、許可の取得自体ではなく、その後の「古物営業」ですよね。
許可申請を行政書士に任せることで、業務の準備に専念できるのは最大のメリットではないでしょうか。

もしあなたのお仕事がとても忙しかったり、申請の数自体が多くて困っている場合は
お気軽に弊所までご相談ください。

初回のご相談(60分間)は無料です。

青柳夏苗行政書士事務所の料金表はこちら

行政書士の無料相談実施中
弊所の記事をご覧になって問題が解決しない場合には、
行政書士へご相談いただいた方が良い可能性があります。

初回相談1時間無料ですので、
お気軽に青柳夏苗行政書士事務所へご相談ください。

お電話でのお問い合わせ
メールでのご相談